腕時計内部に入ってしまった水分によるダメージは想像以上に深刻です。見た目では大丈夫そうに見えても、内部の歯車や機構に深刻なダメージが残ることも……。一刻も早いメンテナンスをお勧めいたします。

時計修理のチクタク工房
オーバーホールやパーツ交換など、時計修理のチクタク工房へのお問い合わせは06-6621-9690まで

↑ クリックでTEL ↑

時計内部に水が入ってしまった

時計内部に水が入ってしまった
時計修理のチクタク工房では腕時計にありがちな水にまつわるトラブルにも対応しております。
水の中に落としてしまったり、洗濯機で衣服と一緒に洗ってしまったり……。
ダイビングに対応するほどの防水モデルであっても、長い間メンテナンスを怠っていると防水機能が衰えていたりするので注意が必要です。

もし、腕時計内に曇りや水滴がついていたら一刻も早いオーバーホールが必要です。ほんのわずかであっても、腕時計内の金属部品や潤滑油にとって水分は大敵。金属パーツが錆びるのはもちろん、文字盤の劣化をも引き起こします。なるべく早いうちに時計修理のチクタク工房までご相談ください。

腕時計内に水が入ってしまったその時に……?

水分を除去するために自分で分解したりするとパーツの紛失や防水機能のさらなる低下を招くだけでなく、乾燥した後にパーツ全体にサビが回ってしまいます。
なるべくそのままの状態で時計修理のチクタク工房にご相談ください。

腕時計への水の浸入に関する修理メニュー

オーバーホール
お見積もり相談窓口
宅配キットのお申し込み

※注意事項 無料お見積もり後、修理・オーバーホールがご成約とならなかった場合、お品物を着払いにて返送させて頂きますことをご了承ください。

line

時計修理のチクタク工房
オーバーホールやパーツ交換など、時計修理のチクタク工房へのお問い合わせは06-6621-9690まで